60CD0C38-2992-4F95-8C54-27633DDA7A0B

決済最大手のマスターカードが、企業向けブロックチェーン開発企業R3とパートナーシップを締結した。国際送金に活用する新しいブロックチェーン技術を開発し、実証実験を行っていく。

最初はグローバル決済インフラと、銀行に対応するマスターカードの清算や決済のネットワークをつなぐことにフォーカスするという。

マスターカードで新たな決済プラットフォームを担当する幹部のPeter Klein氏は、「口座間のつながりをグローバルに発展させ、新しくより良い企業間の国際送金手段を開発することは、当社の目標の中核だ」と語っている。

R3は自社のオープンソースのブロックチェーンプラットフォームであるCorda(コルダ)とマスターカードの経済圏をつなぐ。コルダには、金融サービス、テクノロジー、中央銀行、規制、貿易など様々な業種の企業が300社以上参加しているという。

R3のCEO David E. Rutter氏は、「Cordaは企業向けに設計されている。ブロックチェーンを活用した国際送金事業でマスターカードを支援できることを楽しみにしている」と期待感を示した。

マスターカードは先週、ブロックチェーンを活用する貿易金融企業Marco Poloのネットワークへの参加を発表した。Marco Poloには、R3と貿易金融企業のTradeIXが出資している。Marco Poloのネットワークへの参加は、あらゆる規模の企業間におけるグローバルな貿易金融業務を、よりスムーズに行えるようにすることが目的だという。

参照元: https://coinpost.jp/amp/?p=106591&p=106591&__twitter_impression=true

 



おすすめの記事