734C6869-6C8C-4E4B-A4B9-D7076F54FD5E

機関投資家向けのBakktは、ビットコイン(BTC)のカストディサービス(ウェアハウス)が9月6日に正式に開始すると発表した。

発表によると、カストディサービスの開始は9月23日に開始する予定の現物決済ビットコイン先物取引に向けた準備である。

Bakktはニューヨーク証券取引所の親企業ICEが手がけた仮想通貨エコシステムで、機関投資家を中心にビットコインのカストディサービスおよびビットコインの先物商品を提供する。

先日、Bakktはニューヨーク州の信託ライセンス(カストディアン)を取得し、CFTCの「自己認証」プロセスを通じてビットコインの先物取引を9月23日に開始することを発表した。

Bakktが提供するビットコイン先物は、ICE Futures U.S.に上場し、ICEのクリアリング機構が清算を行う。Bakktはビットコインの現物の受け渡しを担い、現物決済の先物取引を促進する。

 参照元: https://coinpost.jp/amp/?p=104048&p=104048&__twitter_impression=true

 

http://twitter.com/IHayato/status/1166849377383510016



おすすめの記事