CC7E3242-E0D9-4C9D-B2CC-2789CF00F504

 SBIホールディングスは26日の経営近況報告会で、国内初の「暗号資産ファンド」を立ち上げることを明らかにした。

出資者が事業者に対して出資を行い、事業者が出した利益を出資者に対して分配する契約である匿名組合の形式で、個人投資家向けに2020年夏頃から募集開始を予定する。

株、債券等の伝統的資産との相関性が低い「暗号資産(仮想通貨)」は分散投資の効果を高めるのが狙いだ。販売はSBI証券やSBIマネープラザを通じて行う。

投資先銘柄としては、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、XRPの名前を挙がっている。具体的な組入比率は、SBI傘下のモーニングスターのアドバイスで判断するようだが、資料ではXRPがその半分ほどを占めることが表示されている。

参照元: https://coinpost.jp/amp/?p=162804&p=162804

 

入金キャンペーンを利用してお得に取引を始めよう




 


リップルやネム・モナコインなど豊富なラインナップ

 

おすすめの記事